MENU

ドコモ光キャンペーン@ヤマダ電機VSとくとくBB

 

【ヤマダ電機】Dポイント5000円分

 

以上!

 

ドコモ光をヤマダ電機で申し込んでも、ほとんど意味がありません。

 

何故なら、これからご紹介する”GMO トクトクBB”のほうが圧倒的にオトクだからです。

 

GMO とくとくBB

 



 

  • Dポイント5,000円分
  • キャッシュバック10,000円
  • 15000円相当のWi−Fiルーター

 

キャッシュバックは新規:5,500円 転用:5000円です。

 

※転用は、工事が不要

 

>>GMOとくとくBBのドコモ光 お得なキャンペーン実施中!

 

最強のポイントは速度!

 

GMOとくとくBBの最大の強みは超高速!

 

「プロバイダーで速度って変わるの?」と疑問に思うかもしれませんが、ズバリ!異なります(汗)

 

※その証拠に公式サイトに通信速度データを公表しています。

 

  • オンラインゲームで途切れて仕方がない!
  • 動画がカクカクする
  • ダウンロードが遅い!

 

パソコンなどを交換しても、ネットスピードに変化がないのあれば、ドコモ光&GMOとくとくBBは最適です!

 

 

コラム:大手家電量販店のヤマダ電機の魅力

 

家電量販店は地域密着型の小型店舗から駅周辺に多数の商品を置いている大手家電量販店など多数あります。

 

値段と質、クレジットカードの取り扱いの種類や便利さなどを比べるとヤマダ電機が圧倒的に人気があります。

 

人件費を削減してフロアーに店員があまりいない大手家電量販店があり、そういった店舗は買い物をしたくても商品の概要が良くわかりません。

 

似たような商品がいくつも並んでると、どこがどう違うのかもわかりませんから迷いますよね。店員がフロアーにあまりいないと探さないといけませんし。

 

その点、ヤマダ電機はフロアーに店員が何人も配置されていて、買いたい商品を一緒に探してくれるので買いやすさの面からみても魅力的です。

 

多国語を話せる店員が多いのもヤマダ電機です。観光地の店舗では日本語の他に英語、中国語が堪能が店員がいますので、
外国人にとっても魅力的な店舗として観光ガイドに掲載されてます。

 

配送の手順もスピーディのようで、連休や給料日付近の日にちにも対応してくれるため、
ファミリー層が良く利用してます。店舗内を見ると、一つの建物でほとんどの買い物を済ませることができますよ。

 

パソコン館やスマホ館などの別館を設けてる店舗ですと、買い物のたびに一度外へ出ないといけない場合がありますが、
ヤマダ電機はフロアーが広く商品をたくさん並べることができますので買い物がスムーズなのです。

 

 

 

 

ネット回線Q&A

 

ドコモ光を解説する人

 

新規回線と転用回線の違い

 

ネットを使っている時は契約がいりますが、その時には新規回線と転用回線の違いを知っておくといいです。

 

ただこの2つはそれほど大きな違いはなく、意味を理解できればすぐにどんなものか把握できます。

 

新規回線とは初めて契約をするもので、新規契約をした時に使われるものです。

 

新しく契約をするわけですから配線などの、色々な工事をするのが一般的です。

 

それに対して転用回線とは新規ではなく、すでに回線の契約をしている方が利用します。

 

すでに回線の利用をしていて、新しいサービスを利用することを転用といいます。

 

転用をする時の回線を転用回線というのですが、特に回線が変わるわけではありません。

 

新しいサービスを利用する時は回線はそのままで、サービスのみが以前とは変わります。

 

そのため特別な工事は必要ではなく、業者に依頼をして手続きをすれば問題を使えます。

 

ネットでは新規回線と転用回線という、言葉が使われることがありますけど難しいものではないです。

 

この2つの違いは初めて回線の契約をするか、すでに回線の契約をしていて別のサービスを使うかの違いです。

 

違いと行ってもその程度のことですから、意味がわかればどのようなものなのかすぐに理解できます。

 

 

ドコモ光の特徴はなに?

 

大手携帯通信会社では昨今、ネット回線サービスに力を入れています。
ドコモ光もドコモユーザーには非常に魅力的な特徴があります。

 

まず割引期間が無期限であるということです。通常ドコモ光の割引は通信量に応じて最大5700円の割引が適用されていますが、
他社の場合はこういった割引は期間が過ぎれば割引料金が下がってしまうことがありますがドコモは現時点では割引期間の期限はありません。

 

また、ドコモ光について不明な点があった場合もドコモショップに問い合わせが一本化になったのも魅力です。

 

以前は不具合が生じた場合携帯はドコモショップに、回線はNTTに問い合わせをする必要がありましたが、
まずは回線についてもドコモショップに問い合わせが可能になったので面倒な手間が省けるようになりました。

 

そしてメジャーな光回線であるフレッツ光に比べて安いというのも魅力です。

 

またネット回線をドコモ光に変えてドコモのスマホを使うとネット料金とスマホ料金両方がDポイントの対象になり
ポイント付与されるのも嬉しい特典です。

 

長くドコモを使えば使うほど、ずっと得をするという特徴を最近のドコモが打ち出していることから、ドコモを利用し続けようとする人にとってドコモ光は大変魅力的です。

 

フレッツ光→ドコモ光へ転用する場合の注意点は?

 

フレッツ光からドコモ光へ転用する場合、いくつか注意点があります。フレッツの母体はNTTですが、ドコモとは別会社となります。

 

そのため、フレッツ光を一度解約してドコモ光を契約する形となるため、解約時期によっては違約金が生じてしまいます。

 

ただ、この違約金についてはドコモのキャンペーンによりdポイントとして補填されるケースもあります。

 

次に、ドコモ光へと転用する際に、回線速度を従来よりも早いものにする場合、回線工事が必要となります。速度が据え置きの場合は工事は必要ありません。

 

また、ドコモ光へ転用する場合、プロバイダも変更するケースも出てくるでしょう。

 

その場合、プロバイダ側への違約金も生じる事がありますので、この点にも注意が必要となります。手続きについては転用番号なども必要となりますが、

 

この点についてはドコモショップの方が手続きを進めてくださいます。

 

フレッツ光からドコモ光へと転用した際に、プロバイダを変更される場合にはプロバイダの契約解除はご自身で行う必要があります。

 

更にドコモ光が開通した後は、プロバイダの変更がある場合ルーターの設定変更も必要となります。

 

手続きを行う際に、解約も含めて説明がありますので、忘れずに手続きを行いましょう。

 

 

フレッツ光→ドコモ光へ転用する場合の注意点は?

 

インターネット回線は、契約する相手によって、料金や品質に差が出ることがあります。フレッツ光からドコモ光への転用も同様です。

 

注意点としては、手数料と回線速度があげられます。

 

通常、フレッツ光からドコモ光へ転用する際には、解約料などは必要ありません。

 

一般的な二年契約中でも問題なく移行できますので、この点では安心できます。しかしフレッツ光を使用する場合は、通常、プロバイダ契約を結ぶことが必須です。

 

解約料無料といっても、これはプロバイダには適用されません。この注意点を踏まえないままドコモ光への転用に踏み切ると、手数料が発生する可能性があります。

 

このため、事前にプロバイダの契約を確認しておくことが大切です。

 

他の注意点としては、やはり回線速度が低下する可能性に触れないわけにはいきません。

 

現状、動画配信などの大量量通信が日常化しているだけに、渋滞も深刻化しています。

 

フレッツ光の場合、終端装置が混雑の原因となっており、ドコモ光への転用が有効になる場合も少なくありません。ただプロバイダによっては混雑回避策を提供しているところもあるため、
速度改善に繋がるかどうかは不透明です。地域差もありますので、口コミなども参考の上、よく検討していきましょう。

 

 

新規回線と転用回線の違い

 

ドコモ光などの光インターネットを使う場合、新規回線による場合と転用回線による場合があります。この2つにはさまざまな違いがあります。

 

簡単に言うと、フレッツ光から光インターネットに乗り換える場合が転用回線、それ以外の場合が新規回線、ということになります。ではなぜ、そのようになるのでしょうか。

 

それは、フレッツ光と光インターネットは同じ回線、つまりNTT東西が敷設し、フレッツ光に使用している回線を使っているからです。

 

逆に言うと、元々NTT東西がフレッツ光で使用していた回線を、他の事業者に卸して始まったのが光インターネット、ということになります。

 

つまり、両者はどこの会社が運営しているか、の違いはありますが、回線自体は全く同じものを使っているのです。

 

新規回線と転用回線では、それぞれメリット、デメリットがあります。まず、新規回線では割引やキャッシュバックが高くなるというメリットがあります。

 

一方、転用の場合は回線自体はそのままですから、工事不要で早期に開通できることや、工事費も不要、というメリットがあります。

 

デメリットはそれぞれメリットの裏返しとなります。新規回線は工事が必要になりますから、
開通までに最低でも1カ月程度はかかります。

 

一方、転用回線では、新規回線に比べて、キャッシュバックなどが低くなる、というデメリットがあります。